<常任指揮者>
佐川聖二(Seiji Sagawa) 
秋田市出身。
吹奏楽の名門、山王中学校でクラリネットに出会う。秋田高校を経て東京芸術大学器楽科へ入学。その後同大学院へ進学し、在院中の1976年に東京交響楽団へ入団。翌1977年に同大学院修了。1980年には文化庁海外研修員としてウイーンへ1年間留学。これまでにクラリネットを、北爪利世、千葉国夫、三島勝輔およびA.プリンツの各氏に師事。
2001年6月、それまで25年間首席奏者を務めた東京交響楽団を退団、その後は尚美学園大学講師を務めるほか、フリーランスで室内楽やソロ奏者として活躍するとともに、指揮者としても精力的な活動を行っている。
<バンドトレーナー>【50音順】
大和田雅洋(Masahiro Oowada)
宮城県出身。
11歳でジャズサクソフォーンを独学で始める。宮城県古川高等学校入学後にクラシカルサクソフォーンへ転向し、1990年、東京藝術大学音楽学部器楽科に入学。同年、第7回日本管打楽器コンクール、第2位受賞。1992年、第1回ジュール・ド・ブリース国際サクソフォーンコンクールにおいて、セミファイナリストとなる。1994年、東京藝術大学卒業後、東京藝術大学大学院音楽研究科に入学。第64回読売新人演奏会に出演。同年、第1回アドルフ・サックス国際サクソフォーンコンクールにおいて第5位受賞)。第6回宝塚ベカ音楽コンクール 室内楽部門 第3位(1位なし)。1996年、東京藝術大学大学院修士課程修了。
現在、ソロ活動の他、田村真寛(Sax.)、大野真由子(Pf)によるTRIO「1214」 等、様々なグループやユニットで活躍しているほか、近年は吹奏楽指導者としても活躍しており、洗足学園音楽大学フレッシュマン・ウインド・アンサンブルの企画運営責任者としてコンサートの企画プロデュースを行っている。
みやひろ・ウインドアンサンブル音楽監督兼指揮者。日本サクソフォーン協会運営委員、洗足学園音楽大学准教授。サクソフォーンを故大室勇一、冨岡和男、須川展也の各氏に師事。ジャズサクソフォーンを一戸祐三郎氏に師事。
瀬尾宗利(Munetoshi Senoo)
茨城県つくば市出身。
文教大学教育学部音楽専修卒業。指揮を大友直人、堀俊輔、クラリネットを佐川聖二、黒尾実、作曲を柳田孝義の各氏に師事。 現在、全国各地で吹奏楽の指導をはじめ、オーケストラや、合唱の指揮指導においても活躍中。
また、アーノルドの「第六の幸福をもたらす宿」(ロケットミュージック)や「交響曲第五番」(Novello)、ラフマニノフの「交響曲第二番」(CAFUA)、など、編曲作品があり、全国の吹奏楽団に数多く演奏されている。
畠山 崇(Takashi Hatakeyama)
秋田県出身。
奈良県の天理高等学校を経て、洗足学園大学音楽学部器楽科トランペット専攻へ進学。同大学卒業。同大学卒業演奏会、第12回年ヤマハ新人演奏会、読売新人演奏会に出演する。大学卒業後はフリーランストランペット奏者としてオーケストラ、吹奏楽、室内楽で演奏活動を行う傍ら、吹奏楽指導者として指導および指揮を行う。2007年高校教諭に奉職し、2014年退職。現在はフリーランストランペット奏者、吹奏楽指導および指揮者として活動している。
コスモス・ウインド・アンサンブルを主宰、これまでにCDを3枚リリースし好評を博す。
トランペットを池田俊、杉木峯夫、富田悌ニ、ロッド・フランクス、ウヴェ・コミシュケの各氏に師事。
福本信太郎(Shintaro Fukumoto)

川崎市出身。
1994年昭和音楽大学を優等賞を受賞し卒業。同専攻科に進み、 学長賞を得て修了。サクソフォーンを宗貞啓二氏、D.デファイエ 氏らに師事。1990年第7回日本管打楽器コンクールに最年少参加で入選。96年、99年同コンクールでは第2位に連続入賞。サクソフォーン奏者として、東京佼成ウインド・オーケストラ、シエナ・ウィンド・オーケストラ、NHK交響楽団をはじめとする 多くの在京オーケストラの公演及び録音に参加。近年は吹奏楽界においても活躍しており、昭和音楽大学における吹奏 楽常任指導講師を務めるほか、川口市・アンサンブルリベルテ吹奏楽団、相模原市民吹奏楽団など、全国各地で指揮、指導活動を行っている。
2010年度より東海大学吹奏楽研究会常任指揮者に就任。ブレーン社による2009年度全日本吹奏楽コンクール課題曲クリニックDVDでは昭和ウィンドシンフォニーを率いクリニシャンを務めた。2008年には世界最大の吹奏楽イヴェントであるミッドウェスト・クリニック(米国・シカゴ)に参加。ファイナルコンサートにおいて指揮者を務め、会場からの総スタンディングオベーションを受ける大好評を博した。昭和音楽大学准教授。
船木喜行(Yoshiyuki Funaki)

東京都品川区出身。
14歳でクラリネットを始める。法政大学第二高校、法政大学文学部史学科、昭和音楽大学音楽学部、東京藝術大学音楽学部別科を経て、現在フリーのクラリネット奏者。クラリネットを佐川聖二、千葉直師、堀川豊彦、三界秀実の各氏に、バスクラリネットをヤン・ギュンス、鈴木高通の各氏に、室内楽を宮田四郎、四戸世紀の各氏に、指揮法を田中一嘉氏に師事。
現在、昭和音楽大学附属音楽教室クラリネット講師。県立相模大野高校吹奏楽部常任指揮者。ヴェント・ムジカオルケストラ音楽監督・常任指揮者。その他、主に神奈川県下で数多くの中学・高校のクラリネットパートや木管楽器・合奏の講師を務める。
<金管セクショントレーナー>
金沢 茂(Shigeru Kanazawa)
宮城県出身。
1971年国立音楽大学卒業。卒業時に武岡賞受賞。同年、東京交響楽団に入団。1976年から2年間、文化庁よりウイーンに派遣され、ウイーン国立音楽大学を卒業。その後、1994年まで東京交響楽団首席トロンボーン奏者。
現在、長野県県民文化会館館長を務める。また、中央大学音楽研究会吹奏楽部、文教大学吹奏楽部、伊那市民吹奏楽団等で金管セクションやバンドトレーナーを務める等、アマチュア団体の指導にも力を注いでいる。
<打楽器セクショントレーナー>
針生惇史(Atsushi Hariu)
群馬県出身。
1965年東京芸術大学卒業。在学中に東京都交響楽団の創立メンバーとして参加。打楽器を故小宅勇輔氏、マリンバを吉川雅夫・杉山智恵子両氏に師事。
現在、高橋美智子パーカッシヴアーツのメンバー。CD制作では打楽器・マリンバ・編曲で参加。 2002年に東京都交響楽団を退団後は、中央大学音楽研究会吹奏楽部をはじめ、アマチュアの指導にも力を注いでいる。